会社情報

沿革

大正14年09月 東京都本所区に川俣製罐所を設立
(日本製罐株式会社の前身)
昭和17年11月 日本製罐株式会社(大正14年6月設立、資本金10万円)を買収、社名を日本製罐株式会社とする
昭和18年11月 帝都錻力製罐株式会社を合併
昭和20年03月 戦災により全工場焼失
昭和20年11月 埼玉県大宮市寿能町に本社工場を新設
昭和25年03月 本社工場内に印刷工場を新設
昭和32年12月 株式会社玉川を合併
昭和38年12月 東京証券取引所市場第二部に株式を上場
昭和41年07月 千葉県東金市に千葉工場を新設
昭和43年06月 埼玉県大宮市に吉野町工場を新設
昭和47年12月 本社を吉野町工場に移転、旧本社を寿能工場とする
昭和50年09月 千葉県山武郡九十九里町に千葉工場を移転
昭和51年11月 埼玉県久喜市に久喜工場を新設
寿能工場を久喜工場に移転
昭和54年06月 加藤製罐株式会社を合併、横浜工場とする
平成11年03月 太陽製罐株式会社の株式所有割合を60.0%へ引き上げ子会社とする
平成11年11月 横浜工場を閉鎖
平成12年12月 本社に18L缶工場を新設し、久喜工場を閉鎖
平成14年04月 川鉄コンテイナー株式会社(現JFEコンテイナー株式会社)と18L缶事業をコア事業とした包括的な業務提携を行う。
平成18年09月 JFEコンテイナー株式会社と彌生工業株式会社と18L缶事業をコア事業として包括的な業務提携を行う。
平成24年04月 JFEコンテイナー株式会社および伊藤忠丸紅鉄鋼株式会社との合意により、当社の連結子会社である太陽製罐株式会社とJFE製缶株式会社は平成24年4月23日に共同株式移転により両社の完全親会社JNMホールディングス株式会社を設立。
平成25年04月 JNMホールディングス株式会社が太陽製缶株式会社及びJFE製缶株式会社を吸収合併し、新生製缶株式会社に社名変更
平成28年07月 新生製缶株式会社の株式所有割合を51.0%へ引き上げ子会社とする